“Welcome, stranger, to this Place.”

Route120ヶ月」原画作品

予約フォーム

https://peatix.com/event/1837670/view

website

http://welcome.geidai.ac.jp/

協力:福島県立相馬高等学校​(2020年 夏 制作)

2021年 3 月 20 日 (土) から 4 月 7 日 (水) まで、

東京藝術大学大学美術館・陳列館 2階にて展示中の

Welcome, stranger, to this Place. 展出品作
門馬美喜インスタレーション「Route 120ヶ月」

作品の元となった福島県相馬市の高校生が描いた

原画と作文をこちらでご覧いただけます

※ 3月30日 作品2名分追加しました。

※ 画像、テキストの無断転載を禁止いたします。

この作品は、福島県立相馬高等学校に在籍する50名以上の生徒達による作品群をもとに制作したものである。

 

鉛筆で描いた「目」の自画像に、災害を経験した幼い過去の記憶や現在の状況、将来の展望についての作文を付けた内容の作品であったが、

今回は都合により「目」の自画像は使用しなかった。

 

私のアトリエは相馬高校と同じ市内にあり、2020年に市民に向けて行われた展覧会でその作品群を偶然見かけた。

 

将来を希望で締める文体は授業で習った形式的な型なのかもしれないが、

成長期に誰も経験した事の無い災害を何度も経験した十代の文章から、

困難を乗り越えようとする言葉に深く共感し、今回の展覧会のために使用させていただいた。

 

 

This work originated from a school assignment at Fukushima Prefectural Soma High School, which is located in the same city as my atelier. For the assignment, over 50 high school students drew self-portraits of just their eyes, to go with essays recalling their childhood memories of the disaster, how they view things today, and their outlook for the future. (Here, the essays are displayed without the self-portraits.)

 

I stumbled upon the students’ work at a public exhibition in 2020. Although the essays may have followed a standard pattern taught at their school, the way these texts concluded with hope for the future left a lasting impression. I felt deep sympathy toward the words of these teenagers, who had experienced such a disaster as nobody has before and who are striving to overcome their hardships, so I requested permission to exhibit their work in this exhibition.